« カリンバの作り方(グループレッスン) | トップページ | 岸和田ぴょんぴょん教室facebookページ »

2017年8月12日 (土)

2017年夏のグループレッスン(楽器作り)

2017年夏のグループレッスン開催しました!

楽器作りに挑戦です。

 

最初のグループは、ストローのシロホンと、紙パックのタンバリン

 

2017081201

みんな真剣!!

タンバリンを選んだのは低学年の方が多く、手順も多くて時間がかかりました。

完成品の写真を撮ることができず…

 

2017081204

作っているところの写真をパチリ。

午前中の部は参加者が多かったので、2回にわけて実施しました。

2回目のグループは、カリンバとシロホン。

 

2017081202

こちらも真剣そのもの!

カリンバはプラスチック容器に輪ゴムをはめるだけ。

あっという間にできる楽器なのですが、調律が必要なのです。

クリップで調律するのは、コツがあります。

 カリンバはデコレーションもお楽しみ。

見てください、どれも力作!

 

2017081205

 

2017081206

 

そして、なぜ音の高さが変わるのか、

ワークシートに体験してわかったことを書きこみます。

 

 

2017081203

  書くのも真剣。

 

音の高さの変化と、輪ゴムの貼り方との関連に注目します。

1つめは、輪ゴムの張り具合が強いか、ゆるいか。

2つめは、輪ゴムの長さが長いか、短いか。

1つめは手を加えることが難しいですが、2つめはクリップを使うことで変化をもたらすことができます。

つまり、クリップの位置を変えることで、輪ゴムの長さを変え、調律をするのです。

さてさて、音が低いのは、長いのかな、短いのかな?

 

他にも、学んだことを整理するために、

自由研究にも使えるワークシートを準備しました。

「worksheet1.pdf」をダウンロード

「worksheet2.pdf」をダウンロード

 

午後は入れ替わりはなく、ゆっくり参加してもらえました。

 

2017081208_2

カリンバと、シロホン作成中です。

 

シロホンも、作った人の個性が出ます。見て、見て~。

 

2017081207_2

手順通りに作るだけなのに、なぜか音階になっているところが楽しい!

 

完成したシロホンを鳴らしてみて、「ドレミファソラシド」と鳴ると、思わず笑顔になっちゃいますよ~。

「帰ってからも鳴らして遊んでいます」と嬉しいご報告を頂きました。

 

もう一度、楽器の作り方はそれぞれこちらです。

ストローのシロホン

紙パックのタンバリン

プラスチック容器のカリンバ

 

 今日の楽器作り、夏休みの思い出の1つになると嬉しいな~。

 

« カリンバの作り方(グループレッスン) | トップページ | 岸和田ぴょんぴょん教室facebookページ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カリンバの作り方(グループレッスン) | トップページ | 岸和田ぴょんぴょん教室facebookページ »