« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

フォルマシオン・ミュジカル

国立音大夏期講習、総合ソルフェージュ講座2日目。

いよいよフォルマシオン・ミュジカル実践。国立音大のソルフェージュの教材を使います。こちらは読譜、リズム、視唱、聴音の4冊にわかれていて、それぞれ平行して学ぶようになっています。

まず読譜のテキスト。最初の課題はG線上のアリアです。楽譜を見ながらCDを聴きます。すべての楽器の音がききとれたかというと…第一バイオリンとチェロは聞き取れるものの、ビオラなどは途切れ途切れ。それで普通。人の耳は、メロディーとベースに集中するものです。聞き取れなかった内声部を歌います。バッハとは思えない意外な旋律に驚きながらも、一通り歌えたらもう一度聴きます。おお! きこえる! 耳が開いたような感覚。さらに詳しく楽譜を読み込みます。終止形は何調の何終止か、終止に気付き、終われることはとても大切ですから、確かめます。テキストに従い、経過音、掛留音を確かめます。ベースラインを歌いながらメロディーを打ったり、CDの演奏のアゴーギグを模倣したり、さまざまに分析をします。最後にもう一度CDを聴く。さらに細かいところまで聞き取れるようになっていて、驚き! 耳がダンボのように大きくなったような、音の細胞が脳に溢れそうなくらいに詰まっているような感覚。

フォルマシオン·ミュジカルは、単に技能の習得だけで課題を終わらせず、「音楽的に」表現するところまで行います。表現するだけではなく、音楽史、音楽理論なども同時に学び、作品に肉付けしていきます。実作品を使う意味がそこにもあるのです。

課題に取り組む順序は、いつも楽譜を読むことからはじめなくてはならない、ということはありません。次の課題は記憶聴音から取り組みました。一曲の課題にどれだけのアプローチがあるか、とことんこだわり味わいつくすレッスンも先生は示してくださいました。いかん。こんなにたくさんの要素がこんな小さなトリオにも詰まってるんや。ウカウカしていてはいかん。あたし、かなりウッカリ演奏してたわ!

思いもかけず、普段の自分の練習を反省することになったり…ややや、これはすごい。もっと勉強したい。

ものすごくザックリですが、どうやらこんな感じ、フォルマシオン・ミュジカル。他に、先生からはたくさんのレッスンに関するTipsを頂きました。ここには書ききれまへん。

質疑応答の時間によく出た質問は、「よく弾けるのに、中身がない」和音の響きが聞けない、音を聞いていない、など。実技偏向の演奏の悩みが多く、なるほどフォルマシオン・ミュジカルが解決の糸口になりそうです。続けて私がレッスン受けたい、もっときちんと理解したいと思うのですが、残念ながら定期的にレッスンをしているところはないようで。そうやね、ソルフェージュのレッスンだけ、て、ほとんどきいたことない。なるほど先生が声をからしてソルフェージュ界のボトムアップをのぞんで頑張っておられるわけです。とりあえずテキスト使って自習しよ。亀の歩みでも勉強あるのみ。2日間で得たものは、本当にたくさんあるけれど、まだまだ私は不勉強です。がんばらねば。

2013年7月29日 (月)

ソルフェージュ

今日からが東京でのメインイベント。

Kunion01
国立音大夏期講習、ソルフェージュ講座。

国立といえば、リトミック。いつか夏期講習でリトミック受けたぁいと思っていて、ついに今年こそは!! …と思っていたのに、よくよく考えて、ソルフェージュにしちゃいました。日にちがかぶっていて、同時に受講はできなかったのです。

こちらの講座では「フォルマシオン・ミュジカル」を学びます。とどのつまりはソルフェージュと同義語なのですが、フランスではいまやほとんどの学校でこう呼んでいるそうです。楽譜を読み、正しく音程や音価を表現する能力は、音楽作品を表現するために必要であり、また、作品をより深く理解するためにも必要です。フォルマシオン・ミュジカルは、高度な技術の習得に偏向しすぎるあまり、音楽作品からかけ離れてしまったソルフェージュ教育を見直そうという働きかけから生まれたもので、課題は主に実際の音楽作品を取り上げます。ピアノの音を聴き取って書くのが聴音の勉強、コールユーブンゲンを正しく歌うことだけが視唱の勉強、ではないということです。

リトミックではなく、この講座を受講することにしたのには理由があります。そもそも創始者であるジャック=ダルクローズが音楽大学のソルフェージュの授業を改善しようと考案したのがはじまり。根っこの部分は同じです。私が学んだリトミックは幼児を対象としたもので、一応はその理論は理解できているつもり(実践が伴ってませんが)。だけど私の教室に集まるのは幼児だけではないし、大人になってから始める方もおられるわけだし、リトミック適齢期を卒業してより高度な能力が必要になる方もおられるわけです。ともすれば生徒さんと一生のお付き合いになる町のピアノ講師としては、すべての段階のソルフェージュ教育を見直せるようになりたく……

なあんて!!!

野望はデカイ。来世までかかるかも。輪廻転生待ちかも。言うだけ番長かも。

でもね、できるできないは別にして、フォルマシオン・ミュジカルとは何ぞや、というその入口に一歩足を踏み入れに行ったわけです。前置き長くなりましたが、えいっと扉を開けて教室に入ると…

Kunion02
ピアノが! スタインウェイじゃないっすか!

ひーー贅沢! こんなんはじめてっすよ。授業に新しめのスタインウェイっすよ。休憩時間にこっそり弾いたったっすよ。他に誰もそんなんしてなかったっすよ。私だけっすよ。目撃されてめっちゃ恥ずかしかったっすよ。

初日は、ソルフェージュ概論、指導法と実践。先生のレッスンを受けるような感じです。んんん…なんか、なんだろう…ちょっと物足りない感じがするのはなんだろうな…時間が短いのかな。早めに終わる時間割でしたので、早めに登校してしっかり予約をしておきました、これ、

Kunion03
ピアノ練習室@国立音大!

音大といえば練習室でしょお!←? やー、音大って感じやわー学生気分やわー。これこれ、使われ過ぎで疲労困憊のピアノに、狭くて空気の悪い部屋。これはどこの大学も同じなんやろね。ん~ナツカシッ! 2時間弾いたらもう限界やわ。

明日はいよいよフォルマシオン・ミュジカル、らしく。ふふ、楽しみ。ふふ。

2013年7月28日 (日)

in東京

夏ですから! 東京に行きます!←?

つことで! 最初のタスクはこちら。古楽器がいっぱいの目白のお店にて、

Chembalom01
アクションモデル発見。

Chembalom03
へえ~へえ~。

やや、これを見に来たのではありません。二段鍵盤のフレンチチェンバロの練習スタジオ借りちゃえ~弾いちゃえ~!


Chembalo01
素朴なレディと、

Chebbalo02_2
装飾いっぱいのレディ。

軽く弾き比べてから、装飾レディにお付き合いいただくことにしまして、先日合っている「かもしれない」と言われたバッハのパルティータを2時間ほど。ひーーーー

た の し す ぎ る 。

弾けてないところがモロに出ます。アーティキュレーションを変え、タッチを変え、アレコレアレコレしながらあっという間の2時間。もっと弾きたい…けど、今日はこれくらいにしといたらあ(/_;)

お店には古楽器がいっぱーい。鳴らしてみたい…さわりたい…ウズウズするぅ…とくにコイツ、コイツ気になる。

Shita
シター。

「左側でコードを、右側でメロディを鳴らします。」へえええええ~! ああ、楽器ができたのが19世紀。なるほど、そりゃそうですわね。バロック時代にこんなんあったら驚愕ですね。あ、この小さいバーをこう倒すと、マイナーコードになると。ほぇええええ~! ハープよりも簡単に演奏できるようになると。ふうううーーん。ありがとうございます、楽しうございました。

東京に来たのはこれが目的ではありません。メインは明日から~。

2013年7月27日 (土)

8月のレッスン

2013年8月のレッスン

毎日暑いですね~。夏休み、楽しんでますか?

11日~18日は、お休みです。
19日~24日は、グループレッスンです。

来月9月15日はいよいよ発表会。最後の追い込み、がんばりまっしょーお!

2013年7月26日 (金)

久々の

いってきました、マイレッスン。もう、いつぶりだかわかんないっす。

「あなたは何を弾いてたんだった? 覚えてないわよ」はいぃ…すみません…

バッハ:パルティータ2番
それぞれの舞曲の歌いわけをしましょう→次回仕上げ命令
「あなた、バッハも合ってるかもしれないわよ」え? 今、なんとおっしゃいました? 「合ってる」っておっしゃいました? つっこみませんけど、流しときますけど、大文字で記しときますよ、ここに。

「あなた、バッハも合ってるかもしれないわよ」ヽ(´▽`)/

モーツァルト:ソナタKv.310→音楽をしましょう。
「古典をやりなおしたいと言ったわりには、お粗末よ」(ノ_-。)
あんだけ練習してもトリルが荒れます。なんででしょう?

「弾けてなくはないわよ、あなた。弾けてないフリをしてるだけよ!」どうしてそんなフリをするんでしょうね、私。

先生、歌いっぱなしのみっちりレッスン。2曲なのに2時間パッツパツにレッスン。ありがとうございます~ますます精進せねば。

うし! 暗譜、がんばってみるぞ! っしゃーーーー! キアイ入った!

2013年7月21日 (日)

見学

昨日に続き、友人の教室の発表会の見学。今日は六甲まで行ってきましたあ。区民ホールなどの音楽ホールではなく、民営のサロン。こんな素敵なところ!

Satomu
ピアノはヤマハC7です。

お友だち3人の先生による合同発表会は、外まで立ち見が出るほど大盛況! ソロと連弾の二部構成で、とくに連弾はどなたもたくさん合わせたんだなと感心する出来栄えでした。ここの生徒さんたちは、演奏後のおじぎのあと、笑顔が出る子が多いのがよかったな~。

なかなか4人揃って会う機会がないので、近くのカフェでお茶。カフェっすよ。喫茶店ちゃうよ。六甲ですから、そこはそれ。ほら、

Plusfresh02
テラス入ってすぐのテーブル席奥のお座敷。

Plusfresh01
めっちゃ雰囲気良くないっすか?

和室になんでテーブルやねん、とか考えさせない落ち着きっぷり。センス良すぎでしょ。テラス席もお庭がいい感じなんです。テーブル席も、テーブルセットが大きめで、客席が近寄りすぎずゆっくりできます。ほんでコーヒー旨っ!! おかわり~←心の声

この3人の友人の合同発表会、なんと今回が記念すべき第1回! 最初はキャパが読めなくて、ハコが小さすぎるっていうパターン、あるよね~などと話しつつ…実際、発表会を行うにあたって一番の問題となるのは、会場選びなのです。地域によってホール事情が異なるのですが、神戸方面は「民営のサロンはあるけど、キャパ300程度の発表会向きの公営ホールが無い」のが難点だそうで。ホールにすると、キャパも費用も0が1個増えちゃうみたい。とはいえ、発表会では「聴く」ことも学んで欲しいもの。寿司詰め状態では客席の緊張感に欠け、舞台上での演奏に集中することができません。昨日見学させてもらった発表会は、今日より半分くらいの出演者で客席数4倍くらいのホールでしたが、客席が閑散として淋しいなんてことはありませんでした。予算がゆるせば、勇気を出して、デカバコ狙っていくべき!

昨日、今日と2日続けて発表会を見学させて頂いて、会場内の雰囲気作りって意外と大切なのかもと思いました。思えば私、発表会の最中は一人主催者ということもあって、舞台袖にはりつきっぱなしで、ほとんど客席の様子を知りません。あえて口うるさく「静かに」などと言わないようにもしていたのですが…昨日感じた進行の間合いとテンポ感、今日感じた客席の緊張感と集中力…録画したDVDを見るだけではわからない、会場の空気を知ることで、何か、できることがあるかもしれない。今年は舞台袖に長めにいさせてもらえるように考えてみようかな、それとも、今年からもう工夫できることがあるかな。大いに刺激を受けた有意義な二日間になりました。

お誘いくださった先生方、本当にありがとうございました。またよろしくぅ~今度はお茶かランチな!!!

2013年7月20日 (土)

下見と見学

ここ数年、当教室の発表会にご参加くださっていた今井先生が、生徒さんが増えてきたそうで、お一人で発表会を開かれました。お誘いくださったので聴きに行ってきましたよお。

Imaip
まもなく開演です。

会場は、いつもと同じです。見慣れてるでしょー? 今日は聴く専。ゆっくりさせていただきます。楽しみ。

先生との連弾をはさみながら、緊張した面持ちの生徒さんの演奏が続きます。たくさん練習してきたんだろうな。みんなとってもお上手です。

ここのところよく他の教室の発表会のお手伝いをさせてもらったり、こうやって見学させてもらったりして、思うこと。曲目と作曲家と演奏者の名前のアナウンスがあって、おじぎをして演奏をして、おじぎをして帰る…ただそれだけの進行なんだけど、間合いや舞台上の雰囲気にも、先生のカラーがあらわれているように思います。今日は、ゆったりした間隔の進行。癒し系ですね。なるほど~こういうところにも気をつけねば。

この会場は9月に当教室で発表会を行いますので、ピアノのコンディションも気になるところ。うむむむむ…あまりよろしくなさそうです。調律だけで何とかなる音ではないような…むむむむむ。真夏の暑さをこえるとどうなるんでしょう…むむむ。

いろいろと勉強になりました。明日も見学に行くんだよおん。ふふ。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »